ライフネット生命 定期育成採用

採用について

お互いが本音で向き合える、
正直な選考を実施します。

社員165名のライフネット生命にとって、
採用はとても大切で、重要な企業活動です。
だからこそ私たちは、
常に今の時代にあるべき採用活動を目指し、
進化を続けてきました。

「ライフネット生命をともに成長させる仲間と、もっと出会いたい。」
その想いを実現するために私たちが採用をどう考え、
みなさんに何を約束するかをこのページにまとめました。

採用方針  私たちが目指す採用

ありのままの個性に向き合う
インクルージョンリクルートメント

応募者一人ひとりが持ち前の個性を活かし、
企業は採用や就労環境に関する情報をフラットに開示しながら、
お互いが正直に、本音で選び合う。
それがライフネット生命の目指すあるべき採用のかたち、
インクルージョンリクルートメントです。
その実現を目指し、3つの取り組みをおこないます。

1.定期育成採用では、30歳未満のすべての人を採用対象とします

定期育成採用では、新卒・既卒、学歴、就業経験の有無などに関わらず、 30歳未満のすべての人の応募を歓迎します。
また、選考においても個性によって選べる課題を用意し、ありのままのあなたを見ることに努めます。

2.すべてのセクシュアリティが、ありのまま働ける土壌をつくります

すべてのセクシュアリティが分け隔てなくありのままの姿で働ける土壌づくりに取り組みます。
また、現状で対応できていること、できていないことを選考時にお伝えし、可能な範囲でのサポートをおこないます。

3.障がいのある方も、能力を最大限発揮できる職場にします

障がいに関係なく、一人ひとりが持つ力を最大化させることができる環境づくりに取り組みます。
そのために、お任せする仕事や求める力を選考段階で明確にし、お互いに齟齬のない状態で入社を迎えられるように努めます。

採用マニフェスト  みなさんへの約束

定期育成採用における
行動指針としてお約束します。

1学問を妨げない。
講義を欠席したり学習時間を削ったりせざるを得ないような、
学生の本分を犠牲にする採用活動は行わない。
学問を妨げることなく、さらには成長の一助となる採用活動を目指す。
2情報を開示する。
応募者と自社の相互理解およびマッチングを促進するための情報を、
臆することなく開示する。
組織にフィットし活躍できる人との、互いに幸せな出会いを目指す。
3対等に向き合う。
安易なスケジュール変更や圧迫面接など、応募者を軽視した行為を行わない。
同様に、過剰なお客様扱いもしない。
未来のビジネスパートナーたちとの、徹底的に対等な関係を目指す。
4多様性を重視する。
性別、性的指向、性自認、性表現、国籍、学歴不問、年齢は30歳未満(入社時)まで可。
既卒者、就業経験のある人物も採用対象とする。
それぞれの個性が互いに作用し合う、多様性の高い組織を目指す。
5進化を続ける。
形骸化した新卒一括採用の前例・慣習に引きずられることなく、
より良い形を実現するためのトライ&エラーを続ける。
社会の変化に適応・進化し、いまの時代に「あるべき」採用活動を目指す。