ライフネット生命 定期育成採用

正直な会社って本当?〜選考から見る「正直さ」〜

正直な会社って本当?
〜選考から見る「正直さ」〜

2022年4月、ライフネット生命には新卒(定期育成採用)として新たに3人の仲間が加わりました。彼らはなぜ当社に興味を抱き、入社を決意したのでしょうか。ここでは3人がライフネット生命の選考を振り返ります。

  • 副島 基輝 / 2022年入社

    大学では教養学部にて哲学と物理学を専攻。また大学院では道徳哲学と科学史を専攻。創業者の出口治明氏の著作をきっかけにライフネット生命に興味を抱き、当社が「顧客体験の革新」を重点領域の一つとして掲げている点に魅力を感じ入社。

  • 髙野 翔太 / 2022年入社

    ピアニストを目指す中、YouTubeやTwitterで自身の演奏を発信したことがきっかけでSNSマーケティングに興味を持ち、大学ではマーケティングを学んだ。ダイバーシティ推進への取り組みやマニフェストへの共感から、ライフネット生命に興味を持った。

  • 山元 幹子 / 2022年入社

    大学院で数学を専攻し、新卒で金融系の企業に入社。システムエンジニアとして働く中で、人の近くで人を支える仕事がしたいと思い、ライフネット生命に転職。

01. 「なんかこの会社はちょっと他とは違うな」

髙野

みんなはどうして、ライフネット生命の選考を受けようと思ったの?

山元

私は新卒で金融業界を見ていて、転職活動でも同じ業界を受けたいと思っていたから、CMで名前も知っているし応募してみた、って感じかな。あとは、30歳未満は新卒と同じ枠で入社できることも魅力的だった。前職とは違う職種を経験したいと思っていたから。

副島

僕の場合は創業者の出口さんの存在が大きいかな。大学で取り組んだリベラルアーツとビジネスの接点について色々調べていたら出口さんのことを知って、著書を読んでいくうちに「この方はただ者ではないな」って思って。それからライフネットのことを色々と調べたんだ。その中で重い課題やパラレルイノベーター採用など、面白そうな採用をやっているところに興味を持って、選考を受けたよ。

髙野

僕はこの会社に入った知り合いから話を聞いて、興味を持ったのがきっかけだよ。ダイバーシティへの理解が進んでいるところに魅力を感じた。ライフネット生命が業界に先駆けて(※)同性パートナーの方を死亡保険金の受取人に指定可能にしたことを知って、感動したのを覚えてるよ。(※2015年11月ライフネット生命調べ)

副島

やっぱりみんな「なんかこの会社はちょっと他とは違うな」って感じていたんだね。

02.「重い課題」と「正直さ」

課題

下記9つのテーマから、3つのテーマを選んでいただき、それぞれ表現してください。

  • 1.あなたにとっての正直さとは何ですか?エピソードも交えて教えてください。
  • 2.あなたの弱さを教えてください。
  • 3.あなたの応援されたエピソードを教えてください。
  • 4.あなたが挑戦し成長したエピソードを教えてください。
  • 5.あなたは社会に対して、どんな貢献をしていきたいですか?
  • 6.あなたのキャリアを築いていく上で、最初にどんな業務を経験したいですか?
  • 7.あなたの人生において、仕事の位置付けを教えてください。
  • 8.あなたがライフネット生命を志望した理由を、他の選択肢と比較しながら、教えてください。
  • 9.過去3年分の財務諸表を考察し、当社の今後取るべきアクションを数値の観点から具体的に提言してください。(https://ir.lifenet-seimei.co.jp/ja/library/earnings.html)

※納得できるまで自分と向き合ってください。

※手法にとらわれないでください、クリイティブコンテストではありません。

山元

見返してみると、重い課題のテーマって多種多様だよね。その中で私は「自分の弱さ」「応援されたエピソード」「最初にどんな業務を経験したいか」の3つを選んで書いたよ。みんなはどのテーマを選んだの?

髙野

僕は「志望理由」「自分の弱さ」「応援されたエピソード」について書いたよ。

副島

僕も「自分の正直さ」「自分の弱さ」「最初にどんな業務を経験したいか」を選んだ。ということは、みんな「自分の弱さ」を書いたんだね。

3人が提出した実際の課題。図、文章、動画など形式は何でもOK!

髙野

自分の弱みを話すのって、かなり勇気が必要だったなぁ。2人は、自分の弱みをさらけ出すことに抵抗はなかった?

副島

自分に弱さがあるのは紛れもない事実だから、そこまで抵抗はなかったかも。まぁ不安な気持ちは少しあったけど(笑)抵抗感や違和感について言えば、僕としては「重い課題」で弱さをさらけ出すことよりも、いかにもESっぽいシュウカツ構文にはめ込んでいくことの方が抵抗があったね。

髙野

それは僕も思ってたなぁ。面接で言えば、どの会社に対しても「御社が第1志望です!」って言うのは、まるで仮面をつけているようで少ししんどかった。

山元

わかる。私はこのテーマを見たとき、「私の弱さってなんだろう?」って考えたんだよね。今までちゃんと考えたことなかったから、これをきっかけに自分と向き合いたいと思って選んだ。それに、ありのままの自分を受け入れてもらった上で働きたいと思っていたから、変に飾ろうとは思わなかったよ。

髙野

なるほどね。弱さって素の自分に向き合わないとできないことだから、結果として会社が大切にしている「正直さ」ともつながってくるのかなって思った。(ライフネット生命では、ライフネットの生命保険マニフェストに「正直に わかりやすく、安くて、便利に。」を掲げている)

副島

選考過程でも会社自身の「正直さ」が見えた気がする。例えば、選考が終わるごとにフィードバックをもらえたり(重い課題や各面接の終了後にフィードバックをもらえることがある)、採用ページに過去の選考データを公開していたりするところとか。

山元

そうだね。あとは、面接で会う社員さん全員が「とにかく風通しがいい!」っておっしゃっていたのも印象的だった。その風通しのよさって、やっぱり「正直さ」から生まれると思うんだよね。同僚の率直な考えを聞きたいとか、悩みを一人で抱えてないで素直に話してほしいとか、そういう思いがあるから風通しがいいのかなって考えてた。

髙野

たしかに。面接のときもじっくりと時間をかけて僕ら一人ひとりに向き合ってくれたのは、そういう思いがあったからなのかも。

副島

そうすると、この会社の選考の特徴を一言で表すとすれば、「正直さ」ってことになるのかな。

おわりに

2022年入社の定期育成社員3人が選考を振り返ることで見えてきたのは、「正直さ」でした。
「ありのままの自分を知ってほしい」、そんな思いがある方にはぜひ挑戦してほしいです。
多様な個性を持った皆さまをお待ちしております。


(文/22年入社 髙野・副島・山元)

※「重い課題」の内容は、2022年3月時点のものです。